毛穴トラブルの対策方法や毛穴トラブルに効果的な化粧品について

綺麗な女性1

肌の悩みで常に上位に位置しているのが、毛穴のトラブルです。しかし、毛穴のトラブルと言っても、開き毛穴、たるみ毛穴、詰まり毛穴など様々なものがあり、症状や原因によってケアの方法は変わってきます。間違ったお手入れ方法をするとかえって症状を悪化させる原因になることもあるでしょう。

今回は、毛穴の悩みに応じた化粧品の選び方や対策法、予防法などについて紹介します。

開き毛穴に効果的な化粧品

開き毛穴の原因は色々ありますが、特に多いのが皮脂の過剰分泌です。皮脂が毛穴から大量に分泌されることで、毛穴の出口が押し広げられ、毛穴が目立ってしまうのです。肌の皮脂の分泌量の多い脂性肌の人は、顔にニキビがたくさんできてしまうこともあります。

ニキビは無理して潰すと、どんどん悪化してクレーター状の後になってしまうこともあるので、注意しなければなりません。開き毛穴やニキビを予防するためには、皮脂の分泌を抑える効果があるビタミンC配合の化粧水がおすすめです。

速効性を求める場合は、肌を引き締める効果がある毛穴引き締めマスクなどを使ってみるのも良いでしょう。また、顔のあぶらを押さえようと、洗顔料を使って顔をゴシゴシこすると肌が乾燥し、過剰な皮脂分泌を招くこともあります。

それだけでなく肌への刺激で炎症を起こし、毛穴がさらに目立ってしまうこともあるので気をつけましょう。

詰まり毛穴や黒ずみ毛穴に効果的な化粧品

毛穴から分泌された皮脂が古い角質や汚れと混ざり合い、固まってしまったのが毛穴詰まりです。それをそのまま放っておくと、詰まった汚れが空気に触れ酸化し、黒いブツブツのような見た目の黒ずみ毛穴に変化してしまいます。

詰まり毛穴を対処するためには、皮膚の抗酸化作用を高めるビタミンC誘導体、ナイアシン(ビタミンB3)、古い角質の代謝を促すアミノ酸、ピーリング効果のあるサリチル酸、AHAなどの成分が効果を発揮するでしょう。

なお、毛穴に詰まった角栓を無理やり取ろうとすると、肌を痛めたり、さらに毛穴が開いてしまったりする原因になるので絶対に避けなければなりません。

たるみ毛穴に効果的な化粧品

加齢によって肌の土台をささえるコラーゲンやエラスチンが減ることによって肌がたるみ、その結果、毛穴までたるんで目立つようになるのが、たるみ毛穴です。たるみ毛穴は縦長で目立ちやすく、さらに肌が乾燥して毛穴同士がくっついてしまうと、シワのようになって老けて見えてしまうこともあります。

加齢によるお肌のケアは、エイジングケア化粧品が対策として効果的です。

肌に弾力やハリを与えるコラーゲン、肌を作るのにとても重要なエラスチン、シワを改善するレチノールなどが配合された化粧品を積極的に選んでみましょう。また、加齢によって代謝機能が衰えると、脂肪細胞が肥大化し、重力によって肌がたるんでいきます。

たるみ毛穴を改善する時は、たんぱく質など、代謝を促すような食生活も意識してみましょう。

やってはいけない毛穴ケアとは

毎日行うスキンケアですが、間違った洗顔やスキンケアをすると肌の負担が増してしまいますし、毛穴のトラブルの改善も遠のきます。同じ化粧品を使っても、ケアの方法次第では効果が倍増したり、半減したりしてしまうこともあります。

毛穴レスな美肌を目指すなら、正しい方法でお手入れをしなければなりません。やってはいけない毛穴ケアを3つ紹介しましょう。

しっかりクリームで保湿を!毛穴ケアに欠かせないスキンケア方法

念入りな洗顔

綺麗な女性11

間違った毛穴ケアの中でも特に多いのが、念入りな洗顔です。毛穴の詰まりや皮脂が気になるからといって洗いすぎてしまうと、肌は自身を守ろうとして皮脂を過剰に分泌して表皮を覆ったり、角質が余計に分厚くなったりしてしまいます。

過剰なケアは肌への負担を大きくするだけです。洗顔料はしっかりと泡立てれば、少ない力で顔を洗うことができます。また、お湯の温度によって肌が乾燥したり、敏感肌になったりするので、33℃~35℃くらいのぬるま湯で洗うようにしましょう。

そして、化粧品を肌にしみ込ませようとパンパンするのも良くありません。化粧品は手で肌を包むように優しく染みこませていくのが正解です。

自分に合っていない化粧品を使う

毛穴トラブルの種類と原因は様々です。「せっかく買ったから」と、自分に合わない化粧品をいつまでも使い続けてもあまり意味がありません。また、自分の肌に合わない場合は、化粧品を使い続けることでかぶれや肌荒れ、かゆみなどに繋がってしまうこともあります。

化粧品を使って、肌の調子がおかしいと感じた場合は使用をストップしましょう。肌が乾燥してバリア機能が低下している場合は、化粧品が合わなくなったり、トラブルに見舞われたりということもあるのです。

人それぞれ肌質が違うので、臨機応変の毛穴ケアを心がけるようにしなければなりません。

不潔なタオルを使用する

同じタオルを「汚れていないから」という理由で何回も使用していませんか?湿ったタオルは雑菌が繁殖しやすいので、できるだけ小まめに洗うことが大切です。雑菌が毛穴の中に入ってしまうと、毛穴のトラブルを引き起こす引き金になってしまうこともあります。

また、固いタオルは肌にあまり良くないので、肌に優しい素材のものを使った方が安全です。例えば。洗顔後の顔拭きは、タオルではなくティッシュを使っても大丈夫です。タオルは繊維が残ることもあるので、それが嫌ならティッシュを使ってみましょう。

毛穴トラブルの予防法は?

頭を悩ませる毛穴トラブルを回避するためには事前に予防をしておくことが大切です。予防する時は、まずは食生活からチェックしましょう。毛穴を開かせてしまうのは皮脂が原因なので、脂っこい食べ物や甘い食べ物は食べ過ぎないようにしなければなりません。

例えば、ビタミン B2、B6、C は皮脂の過剰分泌を抑えることができます。また、ビタミンCは、毛穴を引き締め、ターンオーバーを促します。ビタミンEは皮膚を紫外線障害から保護する効果があり、シワなどの肌トラブルを防ぐことができるでしょう。

その他に、仕事のストレス、睡眠不足なども美容の天敵です。ストレスがたまっていると自律神経の乱れを引き起こし、皮脂の過剰分泌に繋がってしまいます。日常生活の中で自分なりのストレス発散法を見いだし、それを実行していきましょう。

さらに、健やかな肌をキープするための代謝は、睡眠中に活発になります。そのため、睡眠不足が続いてしまうと代謝が滞り、角質が肌表面に残ってしまうのです。夜更かしなどはせず、できるだけ良質な睡眠を目指していくことが毛穴トラブルの予防になります。